グローバル販売製剤の受託Contract Manufacturing of Globally Marketed Drugs

ベトナムから全世界市場へ供給製薬企業のグローバル化をサポート

2015年4月に稼働したニプロファーマ・ベトナム・リミテッドは、“日本品質”の医薬品を、国際競争力を持った価格で提供します。三極GMP、PIC/S GMPに対応し、世界中の製薬企業から輸出型受託を引き受け、日米欧グローバル市場をはじめとする全世界の市場への供給をサポートします。

ニプロファーマ・ベトナム・リミテッド

ベトナムから日本品質を提供

ニプロファーマ・ベトナム・リミテッドでは、日本で標準化された製造技術を展開し、日本品質の医薬品を国際競争力のある価格で提供します。三極GMP、PIC/S GMPに対応し、世界中の製薬企業を対象に日米欧グローバル市場への輸出をサポートします。

アンプルライン充填機

注射剤から経口剤、外用剤まで

ニプロファーマ・ベトナム・リミテッドでは、アイソレーター仕様の充填設備と包装設備を供えたアンプル製剤棟を2015年4月に稼働させました。また、同様の設備を備えたバイアル(液・凍結乾燥)製剤棟が2016年11月に稼働。今後、注射剤だけでなく経口剤、外用剤の生産にも対応できるよう設備を拡張し、製薬企業のニーズに合わせた製造ラインも整備していく計画です。

アンプルライン検査包装設備

製造ラインは三極GMP・PIC/S GMPに対応

汚染防止、人為的ミスの防止、品質システムの確保を求めるGMPは国、地域によってその基準が異なります。また、近年はGMPの世界統一を図る目的でPIC/S GMPへの対応も求められています。ニプロファーマでは日本、アメリカ、EUの三極のGMPとPIC/S GMPに対応しており、世界各国に輸出する医薬品の受託製造を可能にしています。

グローバル展開のベストパートナー

鏡石工場、伊勢工場、大館工場では海外の製薬企業向けに医薬品を製造するため数多くのグローバル監査を受けてきました。その豊富な実績をもとに、申請データの取得をはじめ日本市場参入にあたってのさまざまなサポートを行い、受託製造を行っています。また、国内製薬企業から受託した医薬品の輸出についても数多くの実績を持っています。