一般製剤受託Contract Manufacturing of General Preparations

様々な剤形に対応し製剤の開発から容器の開発までを支援

ニプロファーマは、医薬品受託製造会社の中でも数少ないオールラウンドプレーヤーとして製薬企業からの信頼を築いてきました。注射剤、経口剤、外用剤のすべての製剤を扱い、開発段階から製剤、さらには容器の開発にいたるまで委託会社の要望に応じて柔軟に商品化までをサポートしています。

PLW製造ライン

あらゆる製剤に対応

注射剤では、各種アンプル、バイアル、輸液製剤、キット製剤、さらにはバイオ医薬品や抗がん剤までをカバー。経口剤では、湿式、乾式、押出、撹拌、転動層、流動層造粒などあらゆる造粒製法に、外用剤ではパップ剤・テープ剤から軟膏剤・クリーム剤、液剤まで対応しており、薬剤特性に合わせた製造方法の選択が可能です。

シンプルな製造受託からジェネリック申請型受託まで

新薬、ジェネリック医薬品、治験薬について、委託会社から製品の製造のみを受託するシンプルな製造受託型に始まり、ジェネリック医薬品の新規申請の要望を受け処方設計から申請用資料作成までを請け負うジェネリック申請支援型まで、製薬企業のニーズに合わせた受託に対応します。

バーチカルグラニュレーター

少量から量産まで生産体制を整備

ニプロファーマは国内外に展開するグループ工場との連携により、多様なニーズに対応できる受託製造能力を備えています。小ロットの治験薬から上市後の量産が必要な医薬品までをグループ内でカバー。注射剤、経口剤では、複数工場による生産体制を敷いており、万一のときのリスク分散にも対応しています。

処方設計・製剤開発から品質管理までをサポート

契約から実際に受託製造をスタートさせるまでに安心の支援プロセスを用意しています。製造委受託契約を結んだ後に、必要があればニプロファーマが持つ製剤化技術と組み合わせながら、処方設計・製剤開発を行います。その後、当社で作成した申請用資料をもとに委託会社から申請をしていただき、製造受託後も製造、品質管理面でサポートします。