注射剤Injectables

製剤とデバイスに通じたキット製剤のパイオニア抗がん剤・バイオ医薬品もラインナップ

ニプロファーマは、製剤とデバイスの両方に精通する強みを生かし、アンプル・バイアル剤をはじめとする注射剤で圧倒的なシェアを誇ります。薬剤の特性に合わせた包装容器との組み合わせにより、医療現場、患者にとって最適なキット製剤を開発・製造。伸長著しい抗がん剤・バイオ医薬品などの高薬理活性製剤も製造しています。

プレフィルドシリンジ(PFS®) ダブルチャンバー・プレフィルドシリンジ プレミクストバッグ製剤 液・粉ダブルチャンバーバッグ(PLW®)

キット製剤のパイオニアとして

薬剤をあらかじめ充填したプレフィルドシリンジ(PFS®)、粉末製剤の溶解、液剤の濃度調整などの前処理を簡便にしたダブルチャンバーバッグ(PLW®)、ダブルチャンバー・プレフィルドシリンジ、プレミクストバッグなど、溶解液、または薬剤と溶解液を組み合わせたキット製剤では圧倒的なシェアを保有。無菌性確保、医療過誤防止、また作業負担軽減などに寄与しています。

アンプル・バイアル

アンプル・バイアル製剤の製造量は国内No.1

ガラス・プラスチックのアンプル、液・粉末・凍結乾燥のバイアルを合わせたアンプル・バイアル製剤の国内製造量はNo.1です。製剤の特性に合わせ、ガラス及びプラスチックの素材について最適な提案を行っているほか、ガラス容器の破損を防止するための各種破びん対策の提案も行っています。

バイオ医薬品製造 ネスト式ライン

バイオ医薬品と抗がん剤にも対応

抗生物質、抗がん剤、ステロイド製剤などの高薬理活性製剤については薬剤ごとに製造棟を独立させるなど交叉汚染防止を考えた安全対策と品質向上に努めています。バイオ医薬品製造ラインでは、高価な原料を無駄にしない高収率の調製、無菌ろ過、充填プロセスを導入しています。

注射剤
  • ガラスアンプル(ステロイド、一般製剤)
  • プラスチックアンプル
  • バイアル(液)(ステロイド、一般製剤、抗がん剤)
  • バイアル(粉)(セフェム系、カルバペネム系、一般製剤、抗がん剤)
  • バイアル(凍結乾燥)(セフェム系、一般製剤、抗がん剤)
  • プレフィルドシリンジ(PFS®
  • ダブルチャンバー・プレフィルドシリンジ
  • 液・液ダブルバッグ
  • ダブルチャンバーバッグ(PLW®)(ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系)
  • ハーフキット
  • プレミクストバッグ
  • スタンドバッグ(輸液)