伊勢工場Ise Plant

医薬品検査包装工場及び品質管理棟

この度、伊勢工場敷地内に医薬品検査包装工場(2017年7月稼働予定)および品質管理棟(2017年12月稼働予定)の建設を決定しました。国内の医薬品市場においては、国の強力な普及推進策により、ジェネリック医薬品の市場シェアが急速に拡大する一方、外資系製薬企業による新薬の国内導入がかつてないペースで進められています。当社グループは、ジェネリック医薬品の製造販売および医薬品の受託製造を医薬事業の柱としていますが、この環境変化に適切に対応するとともに生産ニーズを充足させるため、新たに医薬品の検査包装に特化した工場を建設することといたしました。また当工場の稼働により、当社グループの他工場との間で医薬品検査包装拠点の分散化による危機管理および安定供給体制の構築を推進していく予定です。なお品質管理棟については、今後の業務処理能力の拡大を見込むとともに、海外市場への医薬品供給も視野に入れた設計といたしました。

アンプル・バイアル剤とキット製剤を製造

伊勢工場は、一般的なアンプル・バイアル剤に加え、注射剤のキット製剤も製造しています。また、新たに凍結乾燥バイアルラインを増設し、より細かなニーズに対応した製造が可能となりました。コストダウンと安全に向けた設備を実現すべく常に進化を続けています。

アンプル・バイアル
凍結乾燥バイアルライン
ダブルチャンバープレフィルドシリンジ、ダブルチャンバーバッグ、プレフィルドシリンジ
  1. 輸液(スタンド)バッグ
  2. ガラスアンプル
  3. ハーフキット
  4. プレフィルドシリンジ(PFS®
    プラスチックアンプル
    液バイアル
    一般凍結乾燥バイアル
  1. 粉末透析剤
  2. ダブルチャンバーバッグ(PLW®
  3. 検査包装工場
アンプル・バイアル

日本一のアンプル製造ライン

様々な剤形の注射剤を製造している伊勢工場。中でもガラス・プラスチックのアンプルの主力工場としての役割を担っています。ガラスアンプルは1、2、5、10、20mL、プラスチックアンプルは5、10、20mLの製造が可能です。

左:プレフィルドシリンジ(PFS®)・右:ダブルチャンバーバッグ(PLW®)

注射剤のキット製剤全般を製造

薬剤をあらかじめシリンジに充填することにより患者への迅速な投与が可能となるプレフィルドシリンジ(PFS®)、用時溶解を要する粉末製剤を溶解液と組み合わせ、無菌操作での調整が可能となるダブルバッグ、あらかじめ投与濃度に調整された薬液をバッグに充填したプレミクストバッグのほかハーフキットも製造しています。

凍結乾燥バイアルライン

凍結乾燥バイアルラインを増設

既存の液バイアルラインに加え、凍結乾燥バイアルラインを増設しました。これにより大館工場にてハザード製剤、伊勢工場にて一般製剤が対応可能となり、ニーズに応じた生産体制が整いました。また、ベトナム工場においても凍結乾燥ラインが稼働を開始し、海外との2サイト製造によるリスク回避も可能となりました。