鏡石工場Kagamiishi Plant

年間80億錠の製造能力を保有輸出も開始、高薬理活性製剤への対応の新棟も完成

経口剤の主力工場である鏡石工場。あらゆる造粒・コーティングに対応し、年間80億錠の製造能力を保有しています。三極GMPにも対応し、EU当局の審査も承認済みで、世界各国への輸出できる体制も整備。2014年11月、高薬理活性製剤の製造に対応し、交叉汚染防止、封じ込め対策を図った第三固形剤棟が完成し稼働しています。その他、同年12月、保税工場の許認可を取得しています。

第三固形剤棟
流動層造粒ライン
バーチカルグラニュレーター・流動層造粒乾燥機
第三固形剤棟 イメージパース

高薬理活性製剤への対応

近年、市場が伸びつつある抗がん剤をはじめとする高薬理活性製剤の製造ニーズに対応するため、2014年11月に高薬理活性製剤専用棟である第三固形剤棟を竣工し、製造を行っています。安全性を確保するため完全独立の専用棟とし、設備と建屋の両方で封じ込める対策を徹底しています。

グローバルGMP対応

委託企業様からは、近年経口剤について国内供給に対応するだけでなく、輸出にも対応してほしいとの要望が強く寄せられています。鏡石工場は、EUをはじめとするグローバルGMPに適合し、輸出が行われています。

流動層造粒ライン

様々な剤形、造粒製法への対応が可能

素錠、フイルムコーティング錠、口腔内崩壊錠、糖衣錠、徐放錠、硬カプセル剤、散剤、細粒剤など、多種多様な剤形の製造が可能です。また、薬剤特性に合わせ、湿式、乾式、押出、撹拌、転動、流動層造粒など、あらゆる造粒製法に対応する他、口腔内崩壊錠などの高付加価値製剤の開発・製造も提案しています。

鏡石工場紹介ムービー

動画ではナレーションが流れます。音を出してご視聴ください。