大館工場Odate Plant

薬剤別の専用棟を保有する注射剤キット製剤の主力工場 最先端設備を導入した外用剤ラインを保有

プレフィルドシリンジ(PFS®)やダブルチャンバーバッグ(PLW®)をはじめ、ニプロファーマが強みを持つ注射剤のキット製剤全般を製造する大館工場。近年、市場が伸長している抗がん剤、抗生物質、ステロイド剤をはじめとする高薬理活性製剤については、医薬品の種類ごとに棟を建て、完全独立型の封じ込め対策をとっています。外用剤では最先端の溶剤型テープ剤製造ラインを導入し、3極GMPに対応した品質保証体制を完備しております。

アイソレーター
バイオ医薬品製造ライン
プレフィルドシリンジ(PFS®)製造ライン
塗膏乾燥・裁断包装設備
  1. セフェム系DB製剤棟
  2. ペニシリン系DB製剤棟
  3. セフェム系(凍乾/粉末)製剤棟
  4. セフェム系 原薬製剤棟
  5. ペネム系製剤棟
  6. ホルモン製剤棟
  1. 抗がん剤棟
  2. ステロイド製剤棟
  3. プレフィルドシリンジ(PFS®
    製剤棟
  4. バイオ製剤棟
  5. 透析用補液DB製剤棟
  6. テープ剤製造棟
左:プレフィルドシリンジ(PFS®)・右:ダブルチャンバーバッグ(PLW®)

注射剤のキット製剤全般を製造

薬剤をあらかじめシリンジに充填したプレフィルドシリンジ(PFS®)、薬剤と溶解液を組み合わせたダブルチャンバーバッグ(PLW®)、これをシリンジに応用したダブルチャンバープレフィルドシリンジ等のキット製剤を製造し、無菌性確保、医療過誤防止、医療現場の作業効率化に貢献しています。

アイソレーター

高薬理活性製剤は分離・独立製造棟で製造

抗がん剤、抗生物質、ステロイド製剤をはじめとする高薬理活性製剤は、薬剤同士を交叉させてはならない“封じ込め対策”が要求されています。ニプロファーマでは、これら注射剤の薬剤ごとに製造棟を独立させ、内部にはアイソレーターを採用するなど、クロスコンタミネーション防止による安全対策と品質向上に努めています。

バイオ医薬品製造ライン

市場伸長著しいバイオ医薬品、抗がん剤に注力

近年、委託会社から製造依頼が増えているバイオ医薬品、抗がん剤の製造にも対応しています。バイオ医薬品製造ラインでは、高価な原料を無駄にしない高収率の調製、無菌ろ過、充填プロセスを導入。また、安全対策が求められる抗がん剤棟では、アイソレーター内で5台のロボットを使用し、完全自動化を実現。ガラス容器の破損を防止するための破びん対策の提案も行っています。

プレフィルドシリンジ(PFS®)製造ライン

多様な高機能製造ラインが充実

高品質な医薬品を製造するための各種設備が充実しています。プレフィルドシリンジ(PFS®)製造ラインでは、最終包装まで一貫製造することにより無菌化と品質保証を両立しています。また、医薬原体の製造ラインでは、高品質な医薬品を製造するための精製設備を備えています。

溶剤型テープ製造ライン

高性能・高機能なテープ剤を製造

薬液調製から塗膏、包装まで、厳密な製造管理と高度な製造技術により、常に一定品質のテープ剤が製造可能。3極GMPに対応した品質保証体制も完備しています。本設備で口腔内崩壊フィルムの製造も対応可能です。