経口剤Orally Administered Drugs

あらゆる剤形、造粒方法に対応高薬理活性製剤の受託製造もスタート

錠剤、カプセル剤、細粒・ドライシロップ、シロップ剤、分包など多種多様な剤形の製造が可能で、製造方法についても薬剤に合わせあらゆる造粒・コーティングの中から最適な方法を選べるほか、口腔内崩壊錠、錠剤へのUVレーザーマーキングなどの高付加価値製剤の製造も行っています。また、新たに抗がん剤などの高薬理活性製剤の受託製造も始めています。

鏡石工場 第三固形剤棟 イメージパース

高薬理活性製剤は独立専用棟で製造

高薬理活性製剤は、少量で身体に強い薬効を与える原料を含むため、他の製剤と同一設備で生産すると様々なリスクが生じます。高度な封じ込め技術を用いた完全独立の専用棟とすることで、これらのリスク(交叉汚染等)を低減するとともに、作業者の安全性も保証しています。

口腔内崩壊錠

あらゆる剤形、造粒製法への対応が可能

素錠、フィルムコーティング錠、口腔内崩壊錠、糖衣錠、徐放剤、硬カプセル剤、散剤、細粒剤など多種多様な剤形の製造が可能です。また、薬剤特性に合わせ、湿式、乾式、押出、撹拌、転動層、流動層造粒などあらゆる造粒製法に対応するほか、高付加価値製剤の口腔内崩壊錠などの開発・製造も提案しています。

口腔内崩壊錠の技術で製剤化をサポート

唾液や少量の水で溶解し、飲み込む力が弱い嚥下障害がある人や幼小児などにも服用しやすい口腔内崩壊錠で独自の製造技術を持っており、各種製剤の口腔内崩壊錠化をサポートしています。また、腸溶性、徐放性など薬物の溶出速度に合わせたDDS技術が使われている医薬品の製造にも対応しています。

経口剤
  • 糖衣錠
  • 徐放性カプセル
  • FC錠
  • 徐放錠
  • 素錠
  • OD錠(口腔内崩壊錠)
  • 硬カプセル
  • 散・顆粒・Dシロップ
  • 腸溶性カプセル
  • シロップ
  • 液剤