採用情報

職種紹介

品質管理職

医薬品を製造するためには、GMP(Good Manufacturing Practice:医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準)に準拠する必要があります。品質管理部門では、定められた試験方法に基づいて、中間製品や資材の受入から製品の出荷に係る全ての品質試験を定められた種々の手法や分析機器を用いて行っています。
品質試験は、「品質を守る最後の砦」と言われ、試験担当者には強い責任感と幅広い知識や高度な試験技術が求められます。また、分析精度を向上させるため、分析器具や分析機器等の保全・管理や、最新機器の導入といった業務もあります。入社後は、長期的な視点で人材を育成する教育システムを整備しており、意欲のある方のスキルアップを支援しています。

インタビューはこちら

生産技術職

医薬品製造は、GMPに従い誰がいつ作業しても必ず同じ高い品質の製品をつくる事が最も重要です。GMPを遵守し医療現場及び患者さんに対して安心安全+利便性を追求した生産技術システムを構築する事が生産技術部門の業務となります。
適正な品質維持・安定供給を確保する為、製造工程を見渡し、視野の広さを持ち変化する規制環境にもフレキシブルに対応できる人、また研究部門や、その他の関連部門と製造現場とのパイプ役となれるコミュニケーションスキルも求められます。各種セミナーへの参加や研究部門との定期的な情報交換、常に新たな情報と学習の場を設けるなかで、知見と経験を備える人材の育成を進めています。

インタビューはこちら

製造職

医薬品の製造は人々の健康に大きく関わり、間違いがあってはならない仕事です。製造部門においても絶え間なく品質の良い薬を患者様に提供することを使命に日々の生産活動を行っています。良い医薬品を製造する事で多くの人々の生活向上のお役に立てるということがやりがいにも繋がります。
空調が完備されたクリーンルーム内で安全で清潔な包装機械の操作や、製品の検査をすることが主な生産活動になります。少量多品種生産を得意とする工場のため、個々の能力をスキルマップで管理しています。意欲ある方には技能取得のチャンスを与え、新しいことにチャレンジし、スキルアップの推進を図っています。

インタビューはこちら

採用情報
2021年度 新卒採用

2021年度 新卒採用は終了しました。